脳が認める勉強法

脳が認める勉強法

一つのことだけを繰り返し練習するよりも、関連性のある複数のことを混ぜて練習するほうが、脳は効率よくパターンを見いだす。

勉強する時間帯を同じにせず、場所も変えたほうが学習効率が高まるという。逆に言えば、時間や場所を固定すると、学習効率が下がるのだ。

特定のスキル(割り算の筆算や楽器でスケールを弾くことなど)を習得する最善の方法は、それだけを繰り返

記憶を使えば記憶は変わる。それは、良いほうに変わる。忘れることで、覚えたことがより深く脳に定着する。それは、余計な情報をふるいにかけるとともに、覚えたことを一時的に断絶することで可能になる。断絶した記憶をその後再び引きだすと、検索の力と保存の力が以前よりも高まるの

学習の科学では、数学の問題で行き詰まったり、固定観念を払拭する必要があるときは、短い気晴らしを挟むとよいと言われている。

脳が認める勉強法

脳が認める勉強法

広告を非表示にする

仕事の速い人は150字で資料を作り3分でプレゼンする。 「計って」「数えて」「記録する」業務分析術 (幻冬舎単行本)

仕事の速い人は150字で資料を作り3分でプレゼンする。 「計って」「数えて」「記録する」業務分析術 (幻冬舎単行本)

・FACT:事実のこと。文章とはなにかを伝えるものだ。そのときに、具体例がなければつまらない。

・資料のなかのコンテンツとコンテンツの配置を揃えること ・できるだけコンテンツを四角で囲むこ

書く内容が型を規定するのではなく、型が書く内容を規定するのだ

定性的に考えられていることを、「計る」「数える」「記録する」ことで定量化していく。仕組みを解明していく。それを模倣する。そうすれば成果があがる

コツは、資料に書かれていない3分の1の内容を、口頭で盛り込むことだ。

広告を非表示にする

人生計画の立て方

人生計画の立て方

人生は、生ある限り、これすべて、向上への過程でなくてはならない。

この計画には必ず向上心の満足が盛り込まれていなければならぬ。いや、向上心の満足が計画の眼目でなければならぬ。向上即努力、努力即向上で、この両者を引き離して考えることはできない。いわゆる人生計画は、向上心の充足――つまりは「努力の予定表」なのである。

常に普通収入の四分の一と臨時収入の全部を貯えること。

本当の計画性はまた本当の自由性にも通じ、両者は決して対立するものではない。

何人も二度とは繰り返すことのできない貴重な人生に対して、こんなアイマイな態度をとっていていいものであろうか。いいことのあろうはずはない。断じて不可、私はこれを人生の自殺行為なりと断じたい。

人生計画の立て方

人生計画の立て方

広告を非表示にする

世界的な大富豪が人生で大切にしてきたこと60

世界的な大富豪が人生で大切にしてきたこと60

投資家として成功したいなら、 投資の神様と言われている人々の話を聞くよりも、 歴史や哲学を学んだほうがいい。 そのために欠かせないのが読書です。 歴史書や哲学書から歴史的教訓を学び、 物事に対する洞察力を磨く。 そうすれば大局をつかむことができるし、 将来の変化も予測できる。 歴史は繰り返すのです

政府が何かに多大な投資をしているときは、 それによって儲かる人たちが存在することを意味します

結局、私はお金で「自由」を買いたかったのです。

大切なのは、好きな仕事を見つけることであって、 あなたにふさわしい仕事を手に入れたなら 自然にお金は入ってくると思います

日々起きていることについての情報は、フィナンシャル・タイムズウォール・ストリート・ジャーナルを読んで得ています。チェックしているのは中央銀行金利の動きです。通貨の動き、商品市場の動きに関するニュースも必ず読んでいます

世界的な大富豪が人生で大切にしてきたこと60

世界的な大富豪が人生で大切にしてきたこと60

広告を非表示にする

外資系コンサルの知的生産術~プロだけが知る「99の心得」~ (光文社新書)

外資系コンサルの知的生産術?プロだけが知る「99の心得」? (光文社新書)

知的成果の受け手が、何をどこまで知っているかを理解した上で、どうやって「新しい付加価値」を生み出すかを考え

知的生産における成功・失敗は、あくまでも「顧客の期待値と実際の成果物とのギャップ」によって決まります。

知的生産活動に従事する管理職の大事な役割は、「ここまでやれば及第点」というラインを提示することです。

新しさ」を出すには、「広さで出す」のと「深さで出す」のと、二つの方向性があります。

知的生産においては「顧客がすでに持っている知識との差別化」が一番大きな問題になります。

広告を非表示にする

TPPに隠された本当の恐怖: ついに明らかになった危険すぎるシナリオ

TPPに隠された本当の恐怖: ついに明らかになった危険すぎるシナリオ

TPPのISDS条項に原法人規則を入れる」(自民党用) 「TPPからISDS条項を抜く」(民主党用) 「TPPを批准しない」(全議員用

アメリカではなく、巨大な多国籍企業だけが儲かるようにできているのがTP

TPPは労働者や消費者を犠牲にして巨大な多国籍企業の利益を守る」

この5年間、ロクに内容も伝えず、2015年の11月にいきなり1500ページの英文の条約を発表し、2ヶ月後には批准したいなんてデタラメにもほどがあります

要は、TPPは「対策をしてはいけない」のです

広告を非表示にする

ざっくり分かるファイナンス~経営センスを磨くための財務~ (光文社新書)

ざっくり分かるファイナンス?経営センスを磨くための財務? (光文社新書)

会計は「利益」を扱い、ファイナンスは「キャッシュ」を扱

ファイナンスとは、ひと言でいうと、「企業価値の最大化」をはかるための意思決定に役立つツール(道具)。

会計が扱うのは、あくまでも企業の「過去」の業績です。

ファイナンスは「未来」の数字、すなわち企業が将来生み出すキャッシュフローを扱います。

実は、「WACCを下げる」ことこそが、IR(Investor Relation=「投資家を対象にした」企業の広報活動)のミッションなのです。

要するにファイナンスとは、投資に関する意思決定(投資の決定)と、その投資に必要な資金調達に関する意思決定(資金の調達)と、そして運用して得たお金をどう配分するかという意思決定(配当政策)、これら三つの意思決定に関わるもの、ということです。

広告を非表示にする