読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異文化理解力 ― 相手と自分の真意がわかる ビジネスパーソン必須の教養

異文化理解力 ― 相手と自分の真意がわかる ビジネスパーソン必須の教養

多文化のチームではローコンテクストなやり取りを行うこ

ハイコンテクストの文化圏では、学があり教養があればあるほど、話す際も聞く際も裏に秘められたメッセージを読み取る能力が高くなる。そして反対に、ローコンテクストの文化圏では、学があり教養のあるビジネスパーソンであればあるほど、明快で曖昧さのないコミュニケーションを取るのである

グローバル環境において「気が利く」ということはつまり、「相手と自分の文化の違いを理解して、みなが心地よく良いパフォーマンスを出せる環境を作り出す」ことなのだ

ハイコンテクストな文化圏は長いあいだ共有してきた歴史を持っていることが多い。それらの文化圏は主に関係性を重視した社会であり、人とのつながりというネットワークが代々受け継がれていくなかで、コミュニティのメンバー間にコンテクストがどんどん共有されていく。

振る舞いや信条の文化的なパターンは、多くの場合私たちの知覚(何を見て)、認識(何を考え)、そして行動(何をするか)に影響を与えている。

広告を非表示にする