読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道をひらく

道をひらく

素直さを失ったとき、逆境は卑屈を生み、順境は自惚を生む。

失敗することを恐れるよりも、真剣でないことを恐れたほうがいい。真剣ならば、たとえ失敗しても、ただは起きぬだけの充分な心がまえができてくる。

人生は真剣勝負である。だからどんな小さな事にでも、生命をかけて真剣にやらなければならない。

逆境は尊い。しかしまた順境も尊い。要は逆境であれ、順境であれ、その与えられた境涯に素直に生きることである。謙虚の心を忘れぬことである。

自分の仕事は、自分がやっている自分の仕事だと思うのはとんでもないことで、ほんとうは世の中にやらせてもらっている世の中の仕事なのである。ここに仕事の意義がある。

道をひらく

道をひらく

広告を非表示にする