外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術 (中経出版)

外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術

①面白かった箇所 ②ビジネスや実生活に対する示唆 ③具体的なアクションの仮

新刊のビジネス書に書いてあることのほとんどは、古典的名著といわれるビジネス書に書いてあることを、事例や業界を変えて繰り返し説明しているに過ぎな

リベラルアーツに関連する読書において重要なのは、単に転記するだけではなく、必ずビジネスや実生活における「示唆」を書き出すということです

抽象化とは、細かい要素を捨ててしまってミソを抜き出すこと、「要するに○○だ」とまとめてしまうこと。

ビジネス書の読み方について言えば、基本は、名著を繰り返し読み、読書ノートはとらない。狭く、深く読むのがビジネス書ということになります。  一方で教養書の読み方は、基本は、雑多な本を幅広く気の向くままに読み、読んだら読書ノートをとる。広く、浅く読むのが教養

ビジネス書の読み方について言えば、基本は、名著を繰り返し読み、読書ノートはとらない。狭く、深く読むのがビジネス

広告を非表示にする