ぼくらの仮説が世界をつくる

ぼくらの仮説が世界をつくる

おもしろさというのは〈親近感×質の絶対値〉の「面積

仮説を立てるときは、誰でも得られるような数字のデータではなく、「日常生活の中で、なんとなく集まってくる情報」そして「自分の中にある価値観」のほうが大切なのです

前例主義というのは、「情報→仮説」という順番で物事を考えることで起きます。

努力を続けられるような習慣を保つためには、自分に刺激を与えてくれる環境に身を置き続ける必要がある

勉強をするにしても仕事をするにしても、いちばん強いのは「最強の素人」です。つまり、慢心することなく、適切な不安と向上心を持って、地道に努力をし続けられる人。中途半端なプロ意識を持ってしまうのではなく、つねに「素人」のチャレンジ精神で取り組む人。そして、基本を疎かにせず、徹底できる人

広告を非表示にする