たった1日で声まで良くなる話し方の教科書

たった1日で声まで良くなる話し方の教科書

❶肺にたっぷりと空気を入れる(=たっぷりと吐き出す) ❷(口をきちんと開けるなどで)きちんと共鳴させる ❸(舌や顔の筋肉を巧みに動かすことで)滑舌よく言葉を発す

返事がわかっていても、自分からはあえていわず、知らないふりをして、相手にちゃんとしゃべってもらうのです。

一般的には、スピーチの場合は高く始めて、中は低くゆっくりめに話し、最後にまた高く、ハイテンションで締めるとうまく行くことが多いですね。

話しながら、同時に自分の声や言葉を聞いて、確認することを心がけると嚙まずにいられる」

完璧なスピーチを書いても、デリバリー(伝え方)がまずければ、結果は散々。内容がひどいスピーチでもデリバリーで賞賛されたりする。デリバリーが人に与えるインパクト(パーソナルインパクト)は、それ以外のインパクトよりよっぽど大きいと気づかされた。

広告を非表示にする