読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学

ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学

経営学は、企業の戦略を「競争戦略(事業戦略)」と「企業戦略」に大別します。前者は「特定の業界・市場で、企業がどのような戦い方をしていくか」を考えるもので、後者は「複数の業界にまたがってビジネスする企業が、全体としてどのように戦略を進めるか」を考える分野です(広義の多角化戦略といえます

第一に、新興企業のビジネスモデルにおいて決定的なのは、そのデザインが「新奇性」が高いこと、すなわちイノベーティブであるということです(結果3)。すなわち「いままでつながっていなかった人と人をつなぐ」「いままでつながっていなかった企業と人をつなぐ」あるいは「そのつなぎ方を新しくする」といったデザインです。

新しい事業を探求する部署には、(1)そのビジネスに必要な機能(例えば開発・生産・営業)をすべて持たせて「独立性」を保たせること、(2)他方でトップレベル(例えば担当役員レベル)では、その新規部署が既存の部署から孤立せずに、両者が互いに知見や資源を活用し合えるよう「統合と交流」を促すこと、が重要であるという主張です

どのようなチームがトランザクティブ・メモリーを高めているかというと、それは「直接対話によるコミュニケーションの頻度が多いチーム」に限られたのです。それどころか結果の一部からは、「メール・電話によるコミュニケーションが多いことは、むしろ事後的なトランザクティブ・メモリーの発達を妨げる」可能性も示されました

チェンバレン型:  IO型よりも参入障壁が低く、複数の企業がある程度差別化しながら、それなりに激しく競争する

経営学は何を提供できるかというと、それは(1)理論研究から導かれた「真理に近いかもしれない経営法則」と、(2)実証分析などを通じて、その法則が一般に多くの企業・組織・人に当てはまりやすい法則かどうかの検証結果、の二つだけです。

「両利きの経営」の基本コンセプトは、「まるで右手と左手が上手に使える人のように、『知の探索』と『知の深化』について高い次元でバランスを取る経営」を指します。

メタ・アナリシスとは、「過去の統計分析の結果を、さらに統計的に総括する手法」

「ビジネスモデルとは、事業機会を生かすことを通じて、価値を創造するためにデザインされた諸処の取引群についての内容・構造・ガバナンスの総体である

「ビジネスモデルとは、事業機会を生かすことを通じて、価値を創造するためにデザインされた諸処の取引群についての内容・構造・ガバナンスの総体である

ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学

ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学

広告を非表示にする