AIの衝撃 人工知能は人類の敵か (講談社現代新書)

AIの衝撃 人工知能は人類の敵か (講談社現代新書)

現代AIのベースとなる「機械学習」とは、たとえば「言葉を聞き分ける」「写真を見分ける」といった人間の知能を、コンピュータが得意とする大規模な数値計算へと巧妙にすり替える手段である。

事後確率=(実験・測定・観測などの結果)×事前確率

スケーラビリティとは、システムに入力されるデータ量にほぼ比例して、その性能がアップするということです。従来のパターン認識技術では、データ量がある値を超えると、そこで性能がほぼ頭打ちになってしまいました。ところがディープラーニングではそれが起きないのです。つまりシステムが消化する音声や画像などのデータ量が増すほど、それらの認識精度が天井知らずに上がっていくのです。

専門家の間では、次の数年間でディープラーニングによって大きく進化する分野は「自然言語処理」と見られています。

「(造性とは)一見異なる領域に属すると見られる複数の事柄を、一つに結びつける能力を持った人から生まれる」

広告を非表示にする